「スタディ・グループ」カテゴリーアーカイブ

2017年度スタディ・グループ/産学共同研究グループ決定

2017年8月27日に明治大学で開催された常務理事会において、2017年度スタディ・グループ/産学共同研究グループの選考が行われ、審議の結果、以下のグループの設置が承認されましたので、ここでお知らせいたします。

■スタディ・グループ
研究課題:「医療機関におけるマネジメント・システムの導入とその成果に関する研究」
研究概要:PDF
代表者 伊藤和憲(専修大学教授)
挽 文子(一橋大学教授)
栗栖千幸(亀田医療大学准教授)
関谷浩行(北海学園大学准教授)
阪口博政(国際医療福祉大学講師)
梅田 宙(専修大学助教)
丹羽修二(日本経営副社長)

■産学共同研究グループ
研究課題:「グローバル管理会計規準の可能性と展望に関する研究」
研究概要:PDF
代表者 淺田孝幸(立命館大学)
青木雅明(東北大学)
澤邊紀生(京都大学)
清水 孝(早稲田大学)
松田康弘(東北大学)
間普 崇(関東学園大学)

2017年度 スタディ・グループ募集について

日本管理会計学会会員各位

今年度も「スタディ・グループ規程」に従いJAMAスタディ・グループを広く会員の皆様に募集いたします。
応募される会員は,規程にしたがって,「JAMAスタディ・グループ申請書」をjama-infoあっとsitejama.org (あっとを半角@マークに変更してください)宛てまでメールで
ご応募ください。
申請書の様式としては,添付ファイルの内容を記載して下さい。
申請期限は2017年5月31日(水)《期日厳守》です。第2回常務理事会で審議し,選考の結果はグループ代表者に通知いたします。
なお、「スタディ・グループ規程」は、学会公式WEBサイト(http://sitejama.jp/?page_id=181 ) でご覧になることができます。

申請書の様式としては,以下の内容を記載して下さい。

—————————
JAMAスタディ・グループ申請書

研究代表者の所属・氏名
連絡先 (住所,電話番号,E-mail)

Ⅰ 研究課題
Ⅱ 研究目的(意義・概要・構想)
Ⅲ 研究計画(方法・実施状況・期待される成果など)
Ⅳ 本研究に関する国内外の研究の現状と本研究計画の特徴
Ⅴ 各共同研究者の所属と氏名,役割分担
Ⅵ 研究代表者および共同研究者の過去5年間の主な研究業績
—————————

2016年度スタディ・グループ決定

2016年8月31日に明治大学で開催された常務理事会において、2016年度スタディ・グループの選考が行われ、審議の結果、以下のグループの設置が承認されましたので、ここでお知らせいたします。

スタディ・グループ
研究課題:「地域中小製造企業の管理会計・原価算活用実態解明と経営改善への接続に関する研究」
研究概要:PDF
研究代表者:宮地晃輔(長崎県立大学)
メンバー:竹田範義(長崎県立大学)
吉川晃史(熊本学園大学会計専門職大学院)
木村眞実(熊本学園大学会計専門職大学院)
下田義孝(株式会社親和銀行)
吉本政和(株式会社ヒライ)
法師山康成(熊本学園大学)

スタディ・グループ
研究課題:「サービス業における顧客マネジメント」
研究概要:PDF
研究代表者:青木章通(専修大学)
メンバー:佐々木郁子(東北学院大学)
妹尾剛好 (和歌山大学)
田坂 公 (福岡大学)
谷守正行 (専修大学)
吉岡 勉 (産業能率大学)

2016年度 JAMAスタディ・グループの募集について(公募)

日本管理会計学会会員各位

JAMAスタディ・グループは,会員からの自主的な申請により組織されるものであり,今年度も「スタディ・グループ規程」に従いJAMA スタディ・グループ広く会員の皆様に募集いたします。

応募される会員は,規程にしたがって,(1)研究課題と研究計画の説明書, (2)研究グループの代表者および構成員の氏名ならびに所属機関を明記して, 「JAMAスタディ・グループ申請書」として日本管理会計学会事務局宛 (jama-infoあっとsitejama.org )にメールで申し込んで下さい。

申請期限は2016年6月30日《期日厳守》です。第2回常務理事会で審議し,選考の結果はグループ代表者に通知いたします。

ご参考までに「スタディ・グループ規程」を ご覧下さい。なお,申請書の様式としては,以下の内容を記載して下さい。

——————————

JAMAスタディ・グループ申請書

研究代表者の所属・氏名・連絡先
(住所,電話番号,E-mail)

I 研究課題
II 研究目的(意義・概要・構想)
III 研究計画(方法・実施状況・期待される成果など)
IV 本研究に関する国内外の研究の現状と本研究計画の特徴
V 各共同研究者の所属と氏名,役割分担
VI 研究代表者および共同研究者の過去5年間の主な研究業績

——————————