日本管理会計学会九州部会2024年度第1回(第66回)大会報告者募集のお知らせ

2024年4月吉日

日本管理会計学会九州部会
2024年度第1回(第66回)大会
報告者募集のお知らせ

謹啓

 時下、会員の皆様には益々ご健勝のことと存じます。
 さて、2024年6月1日(土)に、中村学園大学(福岡市)にて、日本管理会計学会九州部会2024年度第1回(第66回)大会を開催いたします。ハイブリッド方式(予定)で実施いたします。
 報告を希望される方は、2024年4月19日(金)までに、下記の要領で、九州部会事務局宛にe-mailにてお申し込みください。

(1)氏名、所属、職名
(2)連絡先電話番号、メールアドレス
(3)報告タイトル、報告要旨

謹白

日本管理会計学会九州部会事務局:
〒819-0395 福岡市西区元岡744 イーストゾーン
九州大学経済学研究院 丸田起大研究室内
TEL: 092-802-5454
e-mail: marutaecon.kyushu-u.ac.jp

会長挨拶

2024年4月1日

会長就任,1年を振り返って


会長 﨑章浩(東京国際大学)

 会長に就任してはや1年が過ぎました。新型コロナウイルス感染症の一応の収束とともに,全国大会だけでなく,フォーラム,企業研究会,リサーチセミナー,地方部会を本来のかたちで開催することができました。執行部の先生方をはじめ,常務理事,理事の先生方,監事の先生方,参事の先生方,ならびに会員の皆様方のご協力,ご支援の賜物と感謝しております。この場を借りて,厚く御礼申し上げます。
 さて,就任にあたって,社会に開かれた学会をモットーに,社会への貢献,学会の発展,ならびに会員の先生方の研究活動の充実,とくに産学連携による地域経済の発展への貢献を目標に掲げてきました。そのために3つの短期目標と,3つの中期目標を掲げました。
 短期目標の一つ目は,管理会計の理論と実務の幅広い普及と定着を目指し,(一社)日本記念日協会に「管理会計の日」を登録することと,学会のロゴマークを作成することでした。記念日については,提案者の水野一郎氏のご尽力により,9月13日を「管理会計の日」として登録することができました。また,小酒井正和氏のご尽力により学会のロゴマークを作成することができました。お二人の先生にはこの場を借りて御礼申し上げます。
 二つ目の短期目標は,規程の改正でした。これについては,「学会誌編集委員会運営規程」「スタディ・グループ研究規程」「産学共同研究グループ規程」「学会賞規程」等を改正し,さらには,「会則」の付則を改正して,非会員のフォーラム等への参加を可能にしてきました。会員の増加に繋がることを期待しています。なお,「学会賞規程」の改正については,ご尽力いただいた「学会賞審査委員会」委員長の澤邉紀生氏にこの場を借りて御礼申し上げます。
 三つ目の短期目標は,学会の業務に携わっていただいている参事の先生方への学会出張費等の一部助成などを通じた研究活動支援です。この点についても,理事会,常務理事会,総会の承認をえて,一定の金額を予算として計上することができました。
 中期目標の一つ目は,社会への貢献,地域経済の発展への貢献です。これは「会則 第3条 目的」に「経営管理実務の指導・改善に資することを目的とする」と掲げていることにかかわるものであり,地域の商工会などの非営利団体や,人財が不足している中小企業,中堅企業の方々と産学連携の道を探り支援することを考えています。そのために,昨年度の年次全国大会の統一論題において「中小企業管理会計の現状と課題」をテーマに議論していただきました。また,地域の商工会との連携についても一部で話が進んでいます。
 二つ目は,会員数の増大です。これについては,企業にお勤めの方々,および中小企業とかかわりがある税理士や公認会計士の方々の会員数の増大を図りたいと考えています。さらには,昨年,年会費の実質的増額が承認されました賛助会員を増大することにより財政基盤を拡充したいと考えています。個人会員,賛助会員の増大の方策については,「実務家交流委員会」委員長の丹羽修二氏を中心に検討していただき,今年度中に,増大案を常務理事会,理事会,総会について諮りたいと考えていますので,よろしくお願いいたします。
 三つ目の中期目標は,機関誌『管理会計学』についてです。歴代の編集委員長のご尽力により質量ともに大変充実してきましたが,他方で,編集委員長を始め,編集副委員長,編集委員,編集担当参事の先生方の業務がかなり負担になってきています。そこで,「学会誌編集委員会」委員長の園田智昭氏を中心に委員会で議論を重ねていただき,「学会誌編集委員会運営規程」等の改正案を作成していただきました。改正案は,昨年の第2回常務理事会,第3回常務理事会で議論していただき,常務理事会,理事会,総会で承認を得ることができました。したがって,この三つ目の中期目標については達成することができました。この場を借りて,園田委員長を始め,編集委員会の先生方には御礼申し上げます。
 今後2年間は,社会に開かれた学会をモットーに,さらに社会の発展,地域経済の発展への貢献,および会員,とくに実務家会員の増大の達成に向けて注力し,学会の発展に少しでも貢献できればと考えています。今後ともご支援,ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

2023年度第2回企業研究会(税理士法人 古田土会計様:本社 東京都江戸川区)開催記

文責:長崎県立大学 宮地 晃輔

 
 2024(令和6)年3月22日(金)14:00~16:00の日時にて、東京都江戸川区西葛西5-4-6に本社を有する税理士法人古田土会計(以下、古田土会計)において、2023年度第2回企業研究会を開催いたしました。当日は、崎章浩会長、水野一郎元会長をはじめ全国各地から会員のみなさまにご参加を頂きました。
 今回の企業研究会では、古田土会計グループ代表であり代表社員税理士及び経営計画作成指導員である鈴木知朗(すずき ともあき)先生に、「会計を経営に生かす『月次決算書』と『経営計画書』どこに手を打てば利益がでるか どうすればお金を残す経営が出来るか」のテーマで、古田土会計が大切にされていること、顧問先にご提供されている事業内容について詳細にご講演を頂きました。


【写真1】古田土会計 鈴木知朗先生のご講演風景


 古田土会計グループは、東京・大阪・仙台・横浜に事業拠点を持ち、顧問契約数で中小企業3,000社、会計事務所500社を有し、社員数360名のグループに成長されています。古田土会計では、「人を大切にする経営」「会社を取り巻くすべての人を幸せにする経営」をグループ経営の根幹におかれ、古田土会計グループがこれらを実現し、そのうえで顧問先に人を大切にする経営を普及されることを目指されています。
 鈴木知朗先生は、人を大切にする経営を実現するためには、「会社が売上をあげる」「利益をあげる」「現金を増やす」「会社は、全社員のものである」が重要であることを強調され、古田土会グループの社員に対する取り組みと顧問先への取り組み内容をご説明頂きました。
 社員に対しては、社員が働きやすくキャリアを継続できることを目的に、仙台と横浜に支店が開設されています。また、人を大切にする観点からは、障がいをもたれている方を13名雇用され、それぞれの方が業務上の役割を十分に遂行されるまでに成長されています。
 顧問先には「未来を決める資金別貸借対照表」を利用され、顧問先経営者が数字をわかりやすく捉えられる工夫を行い、顧問先企業の経営改善ポイントがどこにあるのかを共有できる取り組みが行われています。古田土会計グループが活用している「未来を決める別貸借対照表」を用いて、預金を増やしたい、B/Sを改善したい、P/Lを改善したい、回転期間の改善をしたい、などの顧問先企業の経営改善課題に対して経営者に気づきと発見の創出が図られていることが新鮮でありました。
 鈴木知朗先生のご配慮により、研究会の後半では、古田土会計本社オフィスの見学時間を設けて頂きました。オフィスでは、「掃除」「挨拶」「朝礼」を大事にしているとの説明があり、風通しによい職場を作られていました。
 鈴木知朗先生からのご講演内容に対して、参加の会員から活発な質問や意見が出されました。鈴木知朗先生の充実したご講演内容および会員からの活発な質問や意見により、予定した2時間の研究会はあっという間の時間でありました。同研究会は盛会のうちに無事終了いたしました。


【写真2】研究会での質疑風景


 古田土会計グループの鈴木知朗先生ならびに同グループ社員のみなさまには、今回の研究会開催にあたり多大なお力を賜りました。誠にありがとうございました。今回の研究会だけではなく、今後も本学会の研究活動や会員活動にご協力を賜りましたら幸いでございます。
 このたびの2023年度第2回企業研究会の開催にあたりましては、本学会会員であり日本経営の丹羽修二先生に多大なご尽力を賜りました。この場をお借り致しまして厚く御礼を申し上げます。                    

以上

2024年度第1回フォーラムのご案内

日本管理会計学会会員 各位

謹啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、日本管理会計学会2024年度第1回フォーラムを下記の通り開催致します。皆様におかれましては万障お繰り合わせの上、ご出席を賜りますようお願い申し上げます。当日は、懇親会も準備してお待ちしておりますので、ご参加を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、ご出席予定の先生におかれましては、準備の都合上、4月10日(水)までに、下記のリンク先のGoogleフォームからお申し込みください。

<参加申込> https://forms.gle/hTWV1AmgFAmWdVCk7

謹白

開催日:2024年4月20日(土) 14:00〜16:30
会場:神奈川大学みなとみらいキャンパス
〒220-8739 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-5-3
交通アクセス | 神奈川大学 (https://www.kanagawa-u.ac.jp/access/minatomirai/)
JR・東急東横線・京浜急行・横浜市営地下鉄 他 「横浜駅:徒歩11分」
みなとみらい線 「みなとみらい駅:徒歩6分」、「新高島駅:徒歩4分」

2024年度第1回フォーラム準備委員会
平井  裕久
尻無濱 芳崇
小村 亜唯子


交通アクセス・プログラム等の詳細は、PDFファイルをダウンロードしてください。

日本管理会計学会2024年度年次全国大会開催と自由論題報告者募集のお知らせ

拝啓 春暖の候、会員の皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて,日本管理会計学会2024年度年次全国大会を中央大学茗荷谷キャンパスで開催いたします。つきましては,自由論題の報告者を募集いたします。報告をご希望の方は,下記3.の事項を記載の上,期日までにお申し込みください。ただし,会場等の都合上,ご希望に添えないこともございます。また,大会は対面方式で準備を進めております。これらの点、予めご了承ください。

敬具

1.開催期間:2024年9月2日(月)~4日(水)
  ※自由論題報告は,9月3日(火)と4日(水)となります。
2.会場:中央大学茗荷谷キャンパス
  統一論題  (座長:潮 清孝 先生)
  「AI時代の会計教育と管理会計実務」
3.自由論題申込(締切 2024年5月17日(金))
 ⑴ E-mail件名「自由論題申込(応募者氏名)」
 ⑵ ご氏名・ご所属・職位・E-mailアドレス・電話番号
 ⑶ 報告論題・報告要旨(200字程度)・キーワード5つ程度
 ⑷ 利用機器,ソフトウェアなど発表の方法
  これらを明記のうえ,jama2024-grp [at]g.chuo-u.ac.jpまでお申し込み
  ください。
  ([at]を半角@に変更してください。)
4.本大会では,自由論題報告活性化を目的に,8月10日(土)を締切と
 してフル・ペーパー(ワーキング・ペーパー)提出をお願いしており
 ます。ご応募いただいたフル・ペーパーは学会員に限定してウェブ上
 からダウンロードできるようにしますことをご了承ください。

          日本管理会計学会
          2024年度年次全国大会準備委員長 渡辺 岳夫
          〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
          多摩キャンパス2号館 21269号室