「30周年記念Web部会」カテゴリーアーカイブ

管理会計学会創設30周年記念第1回Web部会報告

水野一郎(関西大学)

 管理会計学会創設30周年記念第1回Web部会が2021年12月4日(土)にオンラインで開催された。主催は、創設30周年記念事業委員会{井岡大度(国士舘大学)、塘誠(成城大学)、水野一郎(関西大学)、山口直也(青山学院大学)}であった。
 第1回部会は、伊藤和憲会長のご挨拶から始まり、管理会計学会創設30周年記念事業の取り組みが紹介され、今回のWeb部会の意義についてお話しされた。当日の参加者は34名であった。
 第1回部会は2部構成で開催され、第1部は、上埜進甲南大学名誉教授(管理会計学会元副会長・APMAA代表理事)をお招きして、特別講演をしていただいた。講演テーマは「私の研究と学会活動を振り返る」であり、上埜先生は詳細な資料を周到に準備され、2つのセクションに区分してお話しされた。

 セクション1では「研究活動を振り返る」として、上埜先生ご自身の著作をグループ分けし、研究の側面では学位論文から予算管理のcross-cultural studies、管理会計研究の方法、多国籍企業の利益管理、価値創出経営などを説明され、教育の側面では管理会計・原価計算・工業簿記の教科書づくり、管理会計・原価計算教育の調査などを紹介された。そしてセクション2では「 学会活動を振り返る」として、日本管理会計学会での思い出を学会加入の経緯や学会報告、甲南大学で開催された部会や全国大会、学会誌の編集などについて回顧され、そして現在も上埜先生が代表理事として尽力されているAsia-Pacific Management Accounting Association (APMAA)での活動を取り上げられ、APMAA設立の経緯とその後の展開、運営状況などについて詳しく紹介された。とくにアメリカで博士の学位を取得されるまでのご苦労や管理会計学研究に対する上埜先生の熱意には出席者全員が感銘を受けた。質問の時間では上埜先生と研究・教育上、交流が深かった先生方から質問と労いの発言があり、学会の歴史を振り返る暖かい雰囲気で特別講演は終了した。なお上埜先生のご講演は当日参加できなかった会員の皆様のために録画し、動画を限定公開(12月30日まで)させていただいた。

 第2部は、報告者が早稲田大学産業経営研究所の須藤時男招聘研究員であり、報告テーマは「ファミリービジネスにおける資産保有の特徴に関する考察」であった。

 報告内容は、まず目的としてファミリービジネスの定義を明確にし、ファミリービジネスの対象となる企業を具体的に挙げ、分析を行い、その特徴を明確にすることを挙げられ、続いてファミリービジネスの先行研究を押さえられた上で、ファミリービジネスの定義について検討され、実証研究の仮説とリサーチデザインについて報告された。実証研究の対象は、2020年3月末時点で東京証券取引所市場第一部に上場している企業から創業者より現在の経営者までの継続関係が整理できない企業や大株主の状況に記載されている法人と経営者の関係が明確でない企業を除く2,153社であった。
 そして結論として創業者一族の経営の関与が強いほど政策保有株式の保有比率が低くなること、ファミリービジネスに区分される企業は、政策保有株式の保有比率が抑制的であっても、創業家が継続的に経営に関与することで取引先企業等との関係が維持・強化できるものと考えられること、政策保有株式の保有比率の高さが問題とされる局面においても、複数の世代にわたり事業の承継がなされてきたファミリービジネスに区分される企業と同水準の保有比率であれば、保有比率の効果に関し論理的な説明も可能になるものと考えられること、などが報告された。
 この須藤時男招聘研究員の報告については、仮説の設定やリサーチデザインに対していくつかの質問やコメントがなされたが、興味深い報告ではあるため、今後の一層の研究の進展が期待されるものであった。

 

管理会計学会30周年記念第2回Web部会の報告者募集について

日本管理会計学会・会員各位

 管理会計学会創設30周年記念事業の一つとして創設が認められた「30周年記念Web部会」の第2回部会を2022年2月26日(土)にオンラインで開催することになりました。
 第2回部会は2部構成として第1部は石崎忠司中央大学名誉教授をお招きして、特別講演をしていただきます。石崎忠司先生は管理会計学会の元副会長で2010年には管理会計学会功績賞を受賞されています。また石崎先生は財務管理学会や社会関連会計学会などでも要職を務められ、さらに大手企業の社外取締役も経験されておられます。
 部会の第2部は、大学院生や若手研究者の報告会とさせていただくことになっており、今回この第2部の報告者を募集させていただきます。
 報告をご希望の方は、下記の応募要領をご参考の上、ご応募をいただきますようお願い申し上げます。大学院生を指導されている先生方には是非院生に報告を勧めていただければと存じます。なお報告希望多数の場合には、ご希望に添えない場合もあることをご了解の上、お申込み下さい。

管理会計学会創設記念事業委員会

              記

開催日時:2022年2月26日(土)13時20分開始(予定)

開催方法:Zoomによるオンライン

<報告応募要領>

  1. 締切日:2022年1月26日(水)
  2. 応募方法:件名(標題)に「30周年記念第2回Web部会報告希望」と記載し本文中に下記を明記のうえメールでご応募ください。

 (1) 報告タイトル・概要(200-300字程度)
 (2) 氏名:
 (3) 所属機関:
 (4) 職名:
 (5) 連絡先:

応募先:関西大学 水野一郎

e-mail: icmizuno[at]kansai-u.ac.jp
([at]→半角@に変更してください。)

30周年記念Web部会(12月4日開催)のご案内

日本管理会計学会会員 各位

 管理会計学会創設「30周年記念Web部会」の第1回部会を12月4日(土)にオンラインで開催することになりました。第1回部会は2部構成として第1部は、上埜進甲南大学名誉教授をお招きして、特別講演をしていただきます。上埜進先生は管理会計学会の元副会長で2014年には管理会計学会特別賞を受賞されています。またアジア太平洋管理会計学会(APMAA)の発展に尽力され、現在もその代表理事を務められています。部会の第2部は、若手研究者の研究報告会とさせていただきます。
 会員の皆様におかれましては万障お繰り合わせの上、何卒ご出席賜りますよう、ご案内申し上げます。ご参加につきましては、下記よりお申し込みください。

 

1.開催日時:2021年12月4日(土)13時30分~16時00分
2.開催方法 オンライン(ZOOM)
  参加申し込みいただいた方に12月2日(木)にZOOM情報をお伝えします。
3.参加申込方法・問い合わせ先
(1)締切日:2021年12月1日(水)
(2)以下のGoogleフォームから申し込んでください。
   https://forms.gle/XYHtaV5wyrYMWNZi7
(3)問い合わせ先:関西大学 水野一郎
 本部会について問い合わせのある場合には,標題を「30周年記念Web部会問い合わせ」として,下記電子メールアドレスまでご連絡ください。
 電子メールアドレス:icmizuno[at]kansai-u.ac.jp ([at]を半角の@に変更してください)
4.プログラム
  13時30分~13時40分 開会の辞および管理会計学会 伊藤和憲会長のご挨拶
  13時40分~15時00分(特別講演60分 質問20分)
  講演者 上埜 進氏(甲南大学名誉教授・管理会計学会元副会長・APMAA代表理事)
  講演テーマ 「私の研究と学会活動を振り返る」(仮題)
  司会者 水野一郎氏(関西大学)
  15時00分~15時10分 休憩
  15時10分~15時55分 研究報告(報告30分、質問15分)
  報告者 須藤時男氏(早稲田大学産業経営研究所招聘研究員)
  報告テーマ 「ファミリービジネスにおける資産保有の特徴に関する考察」
  司会者 山口直也氏(青山学院大学)

15時55分~16時00分 閉会の辞

管理会計学会・「30周年記念Web部会」の報告者募集について

日本管理会計学会・会員各位

 管理会計学会創設30周年記念事業の一つとして創設が認められた「30周年記念Web部会」の第1回部会を12月4日(土)にオンラインで開催することになりました。
 第1回部会は2部構成として第1部は上埜進甲南大学名誉教授をお招きして、特別講演をしていただきます。上埜進先生は管理会計学会の元副会長で2014年には管理会計学会特別賞を受賞されています。またアジア太平洋管理会計学会(APMAA)の発展に尽力され、現在もその理事会議長を務められています。
 部会の第2部は、大学院生や若手研究者の報告会とさせていただくことになっており、今回この第2部の報告者を募集させていただきます。
 報告をご希望の方は,下記の応募要領をご参考の上,ご応募をいただきますようお願い申し上げます。大学院生を指導されている先生方には是非院生に報告を勧めていただければと存じます。なお報告希望多数の場合には、ご希望に添えない場合もあることをご了解の上、お申込み下さい。

管理会計学会創設記念事業委員会

              記

開催日時:2021年12月4日(土)13時20分開始(予定)
開催方法:Zoomによるオンライン
<報告応募要領>
1.締切日:2021年11月6日(土)
2.応募方法:件名(標題)に「30周年記念Web部会報告希望」と 記載し本文中に下記を明記のうえメールでご応募ください。

 (1) 報告タイトル・概要(200-300字程度)
 (2) 氏名:
 (3) 所属機関:
 (4) 職名:
 (5) 連絡先:
 

応募先:関西大学 水野一郎
      e-mail: icmizuno[at]kansai-u.ac.jp
          ([at]を半角の@に変更してください。)