2019年度第1回フォーラム開催記

 2019年度管理会計学会第1回フォーラムは4月20日(土)、麗澤大学(千葉県柏市、準備委員長・長谷川泰隆)において開催された。当日は天候にも恵まれ、北は北海道から南は九州まで日本全国から40名前後の参加者があった。今回のフォーラムはバラエティに富んだテーマを提供する狙いで、アラカルト方式となった。プログラムは以下のとおりである。

 

13:50~14:00 学会長ご挨拶

第1報告 14:00~14:40 「リコールコストの現状と課題」

長谷川 泰隆 (麗澤大学)

第2報告 14:45~15:25 「予算管理におけるマネジャーの管理可能性の認知と行動の関係 —インタビューデータの分析を起点とした考察 —」 

町田遼太 (早稲田大学博士課程)

第3報告 15:35~16:15  「日本企業の海外進出と内部統制」

藤野真也 (麗澤大学)

特別講演 16:20~17:10  「千葉県初のご当地レザー『柏レザー』の誕生~NUIZA縫EMON柏の試み」

柏レザー株式会社 代表取締役 飯島暁史 

 

 第1報告では、自動車業界におけるリコール制度のあらまし、国土交通省の公表データから自動車業界のリコールの現状が示された。さらに、各社の有価証券報告書を手掛かりに、製品保証引当金の状況、そこに反映される各社のリコール措置への取組姿勢が検討された。最後に最近増加している検査不正にも触れ、「不具合製品を流出させない原則」を自ら破棄し、リコール関連費用(=リコールコスト)を増加させている社内体制の性向が論じられた。

 第2報告では、インタビューデータの分析からマネジャーの管理可能性の認知と行動との関係について、予備的な検討が示された。報告の中心は、マネジメントコントロールシステム(MCS)の心理的契約、脱予算経営を主とした先行研究から導かれた仮説について、インタビューの内容から跡付けられる点を探索しようとする。インタビューの対象は日本の有力企業のマネジャーで、まず1,000社に質問票調査を実施し、さらに回答者のうちからインタビュー可能との意向を示したマネジャーに仮説に基づく準構造化したインタビューを実施した。本報告ではその一部が紹介され、参加者から大きな関心が示された。

 第3報告では、国内市場の飽和化から日本企業の生き残り策として海外進出が喫緊の大問題となり、とりわけアジアを中心とした新興国がその対象となりうる。そして新興国では、とりわけインフラ投資需要が拡大傾向を示している。しかし新興国でのインフラビジネスは腐敗リスクの高い案件が多く、ここに現地業務vs.日本本社による統制問題が発生する余地がある。多くのデータを示しながら、多くの日本の企業では外国公務員贈賄を防止する取り組みがほとんど進んでいないこと、外国公務員贈賄防止に先進的に取り組む日本企業もみられるが、実効が上がっていない。本報告では、内部統制の構築という視点から、日本企業の弱点部分が論じられ、参加者からも多くの質疑がなされた。

 最後に特別報告という形で、地元企業のユニークな事業展開を紹介していただいた。柏レザー社は柏市内で「NUIZA縫EMON」ブランドを手掛けて皮革製品の製造・販売を展開している。皮革製品はややともすれば「スーパーブランド化した高級品」か「超廉価品」かの2者選択傾向に陥りがちになっている。

 そこに割って入ろうとするのが柏レザー社である。「地域性」を前面に押し出し、皮革産業において地域資源として千葉県内の農作物(酪農/狩猟/農業etc.)を活用した循環型の皮革ブランドを目指すのが「柏レザー」である。千葉県内の養豚農家からの原皮をなめし、加工して価値のある皮革製品にして消費者に提供するまでのビジネスモデルの構築の苦労と展開を社長自身の体験で語ってもらった。

 現在、千葉県内未利用資源を活用した製品を「PATH ~TRAVEL & EATS~」とブランド化し、他では味わえない「幻霜ポーク」を用いたダイニングレストランも展開している。

 ここまでの道のりには市役所の農政課や商工振興課の協力、メディアの取材・パブリシティ、地元大学生とのコラボなど多くの要因が作用していることが等身大で語られた。 

(文責:麗澤大学 長谷川 泰隆)

 

日本管理会計学会九州部会第56回大会のご案内

2019年4月吉日

日本管理会計学会会員各位

日本管理会計学会九州部会第56回大会のご案内

拝啓 新緑の候,会員の皆様におかれましては,ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて,下記の要領にて,日本管理会計学会九州部会第56回大会を,九州産業大学(福岡市,大会準備委員長:浅川哲郎​氏,asakawa[at]ip.kyusan-u.ac.jp ([at]を半角の@に変換してください))にて開催いたします。万障お繰り合わせのうえ,ご出席賜りますようご案内申し上げます。なお参加費は徴収いたしません。また懇親会は開催校の都合により予定されておりません。

参加をご希望の方は,準備の都合上,5月12日(日)までに,九州部会事務局宛に,E-mail(maruta[at]econ.kyushu-u.ac.jp
([at]を半角の@に変換してください) )もしくはFAX(092-802-5454)にて,研究報告会への出欠を,ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

敬具

1.日時:2019年5月25日(土) 14時から17時まで

2.場所:九州産業大学 1号館10階 中会議室(福岡市東区松香台2-3-1)

アクセスとキャンパス内については下記のホームページでご確認ください。

https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/access.html

https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/campus.html

3.研究報告会:14:00~16:45

(報告30分,質疑15分を予定しています)

第1報告:14:00~14:45

水野真実氏(医療法人社団寿量会 熊本機能病院)

「患者別手術室人件費管理のためのABCモデルとTDABCモデルの開発と比較」

第2報告:15:00~15:45

 水島多美也氏(中村学園大学)

「スループット会計における時間に関する一考察」

第3報告:16:00~16:45

 西村明氏(九州大学名誉教授・別府大学客員教授)

「スラックと会計統制モデル―日本製造企業の実態を踏まえて―」

4.会員総会:16:50~17:00

【日本管理会計学会九州部会事務局連絡先】  

(キャンパス移転により連絡先を変更しました)

〒819-0395 福岡市西区元岡744 イーストゾーン

                                 九州大学経済学部 丸田起大研究室内

                             TEL/FAX:092-802-5454

E-mail: maruta[at]econ.kyushu-u.ac.jp

([at]を半角の@に変換してください)

2019年度国際会議参加経費の助成について(公募)

日本管理会計学会会員各位

日本管理会計学会会長

2019年度国際会議参加経費の助成について(公募)

 会員の国際的活動を支援する一環として、標記の件について、下記の要領で公募いたします。

助成対象 管理会計に関連する海外の学会(2019年10月1日から2020年3月31日に開催される学会)において、研究発表をする場合または当該学会と本学会との交流を促進するため活動を行う場合。
助成額 航空運賃(往復)が5万円未満の場合には全額を、航空運賃(往復)が5万円を超過する場合には、5万円にその超過額の1/2を加算した額を助成する。ただし1件あたり10万円を限度とし、予算総額は年間20万円とする。
応募方法 国際会議参加経費助成規程(http://sitejama.jp/?page_id=78)を参照し、別紙書式に必要事項を記入のうえ、学会開催要項等を添付し、学会事務局に送付すること。
<学会事務局>    
〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1
国士舘大学経営学部 井岡大度研究室内
日本管理会計学会事務局 e-mail:jama-info@sitejama.jp
応募締切 2019年7月31日《期日厳守》
選考方法 選考委員会で選考し、第3回常務理事会(2019年8月開催予定)で決定

以上

日本管理会計学会 第35回(2019年度第1回)関西・中部部会のご案内

日本管理会計学会会員 各位

日本管理会計学会第35回(2019年度第1回)関西・中部部会のご案内

第35回(2019年度第1回)関西・中部部会を下記の通り開催いたします。
会員の皆様には万障お繰り合わせのうえご出席賜りますよう、ご案内申し上げます。


開催日時:2019年5月18日(土) 13時30分開始
会場:近畿大学東大阪キャンパス 21号館5階535教室
https://www.kindai.ac.jp/about-kindai/campus-guide/higashi-osaka/
交通アクセス:近鉄大阪線 長瀬駅から徒歩約10分
https://www.kindai.ac.jp/access/
参加費:正会員1,000円、準会員無料
懇親会費:3,000円

13:30-13:40 学会長挨拶

13:40-14:15 第1報告 徳崎進(関西学院大学教授)
 「イノベーションのための創造性マネジメント: 経営人材の創造性開発における経営学、心理学、教育学の融合可能性とその管理会計的展開」

14:25-15:00 第2報告 王博(京都大学大学院経済研究科博士課程)
 「マテリアルフローコスト会計(MFCA)の継続性を促進する取り組み-日東電工(株)VSウシオ電機(株)」

15:10-15:45 第3報告 小山真実(神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程)
 “Ratchet Effect in Teams with Mutual Learning”

16:00-17:10 海外招聘講演 D. Fehrenbacher Associate Professor (Department of Accounting),
 Monash Business School, Monash University, Australia.
 “Reflections on Experimentation in Management Accounting, Information Systems and beyond”

17:30-19:30 懇親会(同一キャンパス内)

◆お問い合わせ先:第35回(2019年度第1回)関西・中部部会準備委員会
  安酸建二(やすかたけんじ)
kyasukata [at] bus.kindai.ac.jp ([at]を半角の@に変更してください)

なお、準備の都合上、研究報告会、懇親会の出席につきまして、5月12日(日)までに、
メールにて安酸までご連絡頂ければ幸甚に存じます。

2019年度 第2回 企業研究会 開催のお知らせ

日本管理会計学会会員の皆様

会員の皆様には、ますますご健勝のことと存じます。

2019年度 第2回 企業研究会 を下記のとおり開催いたします。

今回は、亀田総合病院様のご協力を得て、病院経営および医療管理会計についてご説明を頂きます。

奮ってご参加を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

■ 日 時: 2019年8月9日(金) 13:30~16:00

■ 訪問先: 亀田総合病院様 (「病院経営と医療管理会計について」紹介、病院見学 等)

(所在地) 千葉県鴨川市東町929番地

■ 募集人員: 20名 先着順とさせて頂きます

■ 集合場所: 13:00 JR外房線 安房鴨川駅 東口駅前

※東京駅(京葉線)11:00発 特急「わかしお7号」にご乗車下さい。終点の安房鴨川駅(外房線)には12:52に到着します。

※安房鴨川駅の東口の駅前に、亀田総合病院の送迎マイクロバス(亀田医療大学)が待機しています。ご到着次第、送迎マイクロバスに直接ご乗車のうえ、お待ち下さい。13:00の定刻になり次第、出発します。

■ スケジュール(予定):

13:00 JR外房線 安房鴨川駅 東口駅前 集合 (送迎マイクロバスに直接乗車・待機)

(バスにて病院へ移動→会場:亀田総合病院A棟9階大会議室)

13:30~14:00 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 理事長 亀田隆明様よりご挨拶

14:00~14:45 経営企画部部長 真田正博様より、「病院経営と医療管理会計について」ご紹介

14:45~15:10 質疑・ディスカッション、休憩

15:10~16:00 病院見学、学会より挨拶 (院内での撮影は原則禁止)

(バスにて駅へ移動)

16:30 JR外房線 安房鴨川駅 解散

※安房鴨川駅16:36発 特急「わかしお18号」(東京行き)にご乗車下さい。

  • お申し込み方法:

当件担当の今井範行( silverstone[at]mta.biglobe.ne.jp <[at]を半角の@に変更してください。>)まで、「お名前、ご所属、ご連絡先(当日連絡がとれる携帯電話番号)」を、メールにて連絡下さい。メールのタイトルは、「亀田総合病院訪問希望(お名前)」として下さい。お申し込み期限は、7月26日(金)とさせて頂きます(但し、先着順で定員に達した際や訪問先との利害関係などから、ご希望に沿えない場合もございますこと、予めご了承の程、お願い致します)。なお、ご参加者の名簿(お名前、ご所属、携帯電話番号)は、訪問先にも提出させて頂きますので、合わせてご了承を頂きますよう、お願い申し上げます。

当件担当: 今井 範行 (トヨタFS)

silverstone[at]mta.biglobe.ne.jp

<[at]を半角の@に変更してください。>

以 上

PDFバージョンは、
http://sitejama.jp/wp-content/uploads/2019/04/20190809.pdf からダウンロードしてください。

The Japanese Association of Management Accounting