管理会計学会・2022年度第2回リサーチセミナーについて

日本管理会計学会・会員各位

2022年度第2回リサーチセミナーを,日本原価計算研究学会との共催で,2022年11月27日(日)にオンラインで開催いたしますので,スケジュールと参加申込方法のご案内を申し上げます。

1. 開催日時:2022年11月27日(日)14時~16時00分(予定)


2. 開催方法 オンライン(ZOOM)
   参加申し込みいただいた方に11月25日(金)を目途にZOOM情報をお伝えします。

3. 参加費 無料

4. プログラム
14時00分-14時05分 開催挨拶および進行方法の説明

14時05分-15時00分 第1報告(報告30分、討論15分、フロア質疑10分)
報告者 増岡慶次氏(大阪市立大学経営学研究科、大学院生)、屋嘉比潔氏(大阪公立大学経営学研究科、大学院生)
報告テーマ 保守主義推定におけるコスト下方硬直性の交絡効果:Banker et al.(2016)の追試
討論者 安酸建二氏(近畿大学)

15時00分-15時05分 休憩

15時05分-16時00分 第2報告(報告30分、討論15分、フロア質疑10分)
報告者 飯塚隼光氏(京都大学経営管理大学院特定助教)、佐藤晃史氏(京都大学経営管理大学院、大学院生)、飛田努氏(福岡大学商学部准教授)
報告テーマ 希少な研究用資産を製造する中小企業のシンプル管理会計:単品・製造期間1年超の製品製造のマネジメント
討論者 清水孝氏(早稲田大学)

16時00分 閉会挨拶

5. 参加申込方法・問い合わせ先
(1) 締切日:2022年11月24日(木)
(2) 以下のフォームから御申込ください。
  https://forms.gle/Ens7eq7pRaAnyeMa8
(3) 問合せ先
  セミナーについてお問い合わせのある場合には,標題を「リサーチセミナー問い合わせ」として,「氏名」「所属機関」「連絡先電子メールアドレス」を明記のうえ,下記電子メールアドレスまでご連絡ください。

 問合せ先①:大阪大学 椎葉淳
 本件に関する日本管理会計学会の照会先となります。
 shiiba[at]econ.osaka-u.ac.jp
 問合せ先②:成蹊大学 伊藤克容
 本件に関する日本原価計算研究学会の照会先となります。
 kito[at]bus.seikei.ac.jp
 ([at]を半角@に変更してください。)

2022年度第2回日本管理会計学会関西・中部部会開催のお知らせ

2022年10月18日 

日本管理会計学会会員各位

2022年度第2回日本管理会計学会関西・中部部会開催のお知らせ

謹啓 
 会員の皆様にはますますご活躍のことと拝察申し上げます。
 さて、2022年度第2回日本管理会計学会関西・中部部会(開催校:岐阜大学〔ただし開催はZoomによるオンライン開催〕)のプログラムが確定いたしましたので、ご連絡申し上げます。
 今回は、ゲストスピーカーとして平工忠史氏(川崎重工業株式会社)をお迎えし、ご講演をいただきます。ご講演のテーマは「川崎重工業におけるエンジニアから見たROIC経営の現状について」です。岐阜県各務原市に立地する川崎重工業の航空宇宙システムカンパニーのエンジニアとして長年実務に携わられてきた視点から、他の重工より先立って川崎重工業が導入したROIC経営の意義と成果についてお話をいただきます。
 自由論題報告も、多様な3件の研究成果についてご報告をいただきます。
 万障お繰り合わせの上、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

謹白

1.開催日時:2022年11月19日(土)13時30分~17時00分

2.開催方法:Zoomを利用したオンライン開催

3.参加費:無料

4.プログラム
  13:30~13:35 部会進行の説明:部会準備委員長
  13:35~13:40 開催の辞:関西・中部部会長 皆川芳輝部会長(名古屋
         学院大学)

第一部〔特別講演〕
  13:40~14:50 (講演60分,質疑応答10分)
   講演者:平工忠史氏(川崎重工業株式会社)
   講演テーマ:「川崎重工業におけるエンジニアから見たROIC経営の現
         状について」

第二部〔自由論題報告〕
 第1報告
  15:00~15:35(報告25分、質疑10分)
   報告者:野瀬康晃氏(名古屋大学大学院経済学研究科・大学院生)
   論題:「工場の改善活動とその評価について」

 第2報告
  15:40~16:15(報告25分、質疑10分)
   報告者:横田遼太朗氏(名古屋大学大学院経済学研究科・大学院生)
   論題:「原価企画のフロントローディングが関連部署に及ぼす逆機能
      に関する調査」

 第3報告
  16:20~16:55(報告25分、質疑10分)
   報告者:大浦啓輔氏(立命館大学)
   論題:「バイヤー・サプライヤー間における整合的なMCSの設計」

  16:55~17:00:閉会の挨拶

5.参加申込方法
(1)申込締切日:2022年11月15日(火)
(2)申込方法:参加ご希望の方は、以下のURLまたはQRコードからアクセス可能な「申込フォーム」より,上記の締切日までに申し込みください。関西・中部部会以外の方もご参加いただけます。
【部会参加希望申込フォーム】→ https://forms.gle/Tecc4eXLqqF3o5T36

 なお、申し込みに際しては、下記の1)から4)の内容を記載いただきますので、あらかじめご準備ください。
 1)氏名、2)ご所属等、3)ご職名等、4)連絡先メールアドレス
(3)Zoom情報の送付:参加申込のご連絡をいただいた方全員に、当日のZoom情報(ミーティングのURL、ID、パスコード等)をお送りいたします。(11月16日(水)頃に申込フォームで登録いただいたメールアドレス宛にお知らせします。)

6.その他
 懇親会は開催いたしません。
 プログラム変更などの連絡事項が生じた場合は、後日、Webサイトhttp://sitejama.jp/ に掲載いたします。

以上

 

2022年度第2回日本管理会計学会関西・中部部会
準備委員長 岐阜大学 社会システム経営学環 篠田朝也

2022年度第2回(第63回)九州部会のご案内

2022年10月吉日

日本管理会計学会会員各位

日本管理会計学会
2022年度第2回(第63回)九州部会のご案内

拝啓 
初秋の候、会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
下記の要領にて、日本管理会計学会九州部会2022年度第2回(第63回)大会を、長崎大学経済学部(長崎市、準備委員長:小野 哲氏 onotetsu[at]nagasaki-u.ac.jp <[at]→@>)を開催校として、ハイブリッド方式(対面参加+オンライン参加)にて開催いたします。参加費は無料です。万障お繰り合わせのうえ、ご参加賜りますようご案内申し上げます。参加をご希望の方は、準備の都合上、11月18日(金)までに、事務局宛メール(maruta@econ.kyushu-u.ac.jp <[at]→@>)、もしくは下記リンク先のGoogleフォームから、お申込みください。11月24日(木)頃に、ZoomのURLをメールでお知らせいたします。

<参加申込用Googleフォーム>https://forms.gle/FRqMSAF2EzRqZeV17

敬具

1.日時:2022年11月26日(土) 13:55~17:10

2.対面開催場所:長崎大学経済学部(片淵キャンパス)総合教育研究棟1階 101教室
アクセスとキャンパス案内については、下記のホームページでご確認ください。
https://www.econ.nagasaki-u.ac.jp/info/access.html

3.プログラムは裏面の通り

【日本管理会計学会九州部会事務局】  
〒819-0395 福岡市西区元岡744 イーストゾーン
                                 九州大学経済学研究院 丸田起大研究室内
                             TEL:092-802-5454
email: maruta[at]econ.kyushu-u.ac.jp<[at]→@>


日本管理会計学会
2022年度第2回(第63回)九州部会プログラム

開催日時:2022年11月26日(土)13時55分~17時10分
開催方法:対面およびオンライン(ハイブリッド方式)
開催場所:長崎大学経済学部(片淵キャンパス)総合教育研究棟 1階 101教室
オンライン参加URL:参加申込者にメールで通知いたします

■13:55~14:00 開会挨拶 大会準備委員長 小野 哲氏(長崎大学)

第一部〔特別講演〕

■14:00~15:00
 講演者:塩塚武氏(株式会社不動技研ホールディングス代表取締役社長)
 講演テーマ:「不動技研グループの生き残り戦略」

 会社概要:不動技研グループはプラント設計や自動車電子電装品開発、システム開発をはじめとした4社からなるエンジニアリング企業グループです。当グループの強みである「人を中心とした機動力」を軸に、お客様・社会との信頼関係を築き、「2030年までにグループとして現在の約2倍となる売上高100億円」を目指して進化を続けています。

(15:00~15:20 休憩)

第二部〔研究報告〕

■15:20~17:05(報告30分、質疑15分)

第1報告 15:20~16:05
 報告者:木村眞実氏(長崎大学准教授)
 論題:「自動車解体業の原価計算-資源循環型社会に向けて-」

(16:05~16:20 休憩)

第2報告 16:20~17:05
 報告者 大下平氏(下関市立大学特命教授)
 論題「19世紀末フランス工業会計論の再検討-サン・シモン主義とコント実証主義-」

17:05~17:10 九州部会事務局連絡 丸田起大氏(九州大学)

■閉会挨拶 大会準備委員長 小野 哲氏(長崎大学)

以上

第3回フォーラム開催について

日本管理会計学会会員 各位

謹啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて,日本管理会計学会2022年度第3回フォーラムを,下記の要領にて北海学園大学豊平キャンパス(北海道札幌市)を会場に開催いたします。開催方式は【対面】です。会員皆様の多くのご参加をお待ちしております。

謹白

 

1. 日 時:2022年11月12日(土) 14時00分〜16時30分
2. 会 場:北海学園大学豊平キャンパス 3号館3階32番教室
     〒062-8605 北海道札幌市豊平区旭町4丁目1番40号
    (地下鉄東豊線「学園前駅」3番出入口直結。乗車時間
     「さっぽろ駅」から6分)
3. アクセスマップ:https://www.hgu.jp/about/toyohira-campus.html
4. 開催方法:対面(オンラインでの配信は予定しておりません)
5. 申込締切日:2022年11月4日(金)
6. 参加費:無料
7. プログラム:
(1)14時00分〜14時05分 開催の辞:学会長挨拶
(2)14時10分〜14時50分 基調講演
   「自律経営システム(部門別原価管理会計制度)導入の背景と
   その展望:公立芽室病院」
    西科  純 氏(公立芽室病院 事務長)

【要旨】公立芽室病院(北海道芽室町)は入院施設(病床数120床)を持つ町内唯一の医療機関として,地域医療を担っております。公立芽室病院は今年の9月からアメーバ経営を基にした部門別原価管理会計制度を導入しました。当日は,アメーバ経営を導入した背景等についてご講演いただきます。

(3)15時00分〜15時40分 第1報告(報告30分,質疑10分)
   「新製品開発の視点からみたコンテンツの製作」
    吉見 明希 氏(北海道情報大学)

(4)15時45分〜16時25分 第2報告(報告30分,質疑10分)
   「統合思考と情報の結合性の本質:価値創造プロセスの視点から」
    古川原 駿 氏(専修大学大学院)

(5)16時25分〜16時30分 閉会挨拶

8. 申込方法:ご参加を希望される方は,事前にメールにてお申し込みください。
(1)連絡先:関谷浩行(北海学園大学経営学部)
(2)メールアドレス:sekiya[at]hgu.jp([at]→半角の@に変更ください)
(3)メールの件名を「第3回フォーラム参加希望」として,①お名前,②ご所属,③ご連絡先メールアドレスをメール本文にご記入ください。

9. その他:
(1)ご参加の際は,マスク着用,手指消毒,3密回避,検温をご遵守頂ければ幸いです。
(2)懇親会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を控えさせていただきます。
(3)プログラム等に変更がある場合は,Webサイトhttp://sitejama.jp に掲載いたします。

日本管理会計学会 2022年度第3回フォーラム
 準備委員長 関谷浩行