「九州部会」カテゴリーアーカイブ

2019年度第2回(第57回)九州部会開催記

令和元年11月11日 足立俊輔 (下関市立大学)

■■ 日本管理会計学会2019年度第2回(第57回)九州部会が、2019年11月9 日(土)に九州大学(福岡市西区)にて開催された(準備委員長:大下丈平氏)。今回の九州部会では、関東・中国・九州からご参加をいただき、15名の研究者および院生の参加を得て、いずれの報告においても活発な質疑応答が展開された。

■■ 第1 報告は、田尻敬昌氏(九州国際大学准教授)により、「就労継続支援B型事業所における取り組み」と題する報告が行われた。本報告は、障がい者の就労継続支援事業所であるユーアイキッチン(茨城県水戸市)にインタビュー調査を行い、当該事業所で使われている「タスカルカード(作業内容カード)」が、Enablingに利用されているのかを考察することを目的としている。

 報告者は、Enablingには、①修復性、②透明性(内部透明性・全体透明性)、③柔軟性の4つの設計原理があることを指摘しており、それぞれの設計原理に、ユーアイキッチンの組織目的やタスカルカードの内容を当てはめて整理している。例えば、タスカルカードが貼られているホワイトボードは1日の業務全体が事業所内で把握でき、また、障がい者間でカードの交換ができる点において、全体透明性や柔軟性が確保されていることが明らかにされている。

 

■■ 第2報告は、足立俊輔氏(下関市立大学准教授)より、「タスク・シフティングに病院原価計算が果たす役割」と題する報告が行われた。本報告は、厚生労働省で議論されている「医師の働き方改革」におけるタスク・シフティング(TS)の推進と病院原価計算の関係性を、病院TDABC(時間主導型活動基準原価計算)の文献レビューから整理することを目的としたものである。

 報告者によれば、キャプラン=ポーターが2011年にTDABCに関する論文を発表して以来、TDABCを試験的に導入した病院を紹介した論文では、resource substitutionやreassingmentの観点からTSに関する考察が指摘されている。例えば、医師や看護師が行う業務を移管する場合には、代わりに医療補助者(Physician Assistant)、患者搬送専門者、遺伝診断士など、当該業務を行う専門スタッフを雇用することになる。報告者は、当該スタッフに支払われる診療報酬は減額されることが多いことや、キャパシティ費用率と作業時間にトレードオフが発生することに触れ、病院TDABCを実施してコストを認識する必要性を指摘している。

 

■■ 第3報告は、大下丈平氏(九州大学教授)より、「現代フランスコントロール論の系譜」と題する報告が行われた。本報告は、企業の不祥事や会計不正を契機として生じた「内部統制」やERM(全社的リスク・マネジメント)という企業の内部システムから提起された問題と、「持続的発展」といった言説のもとに進められる「社会的共創戦略コントロール論」といった企業の外部から提起されてきた問題を受け、ビジネス・モデルをベースに「ガバナンス・コントロール」という構想の緊要性を提示することを目的としたものである。

 企業の内部と外部からの問題提起や「ガバナンス・コントロール」概念の発案は、報告者のフランス管理会計研究を通じたコントロール論のパラドックス概念の認識が出発点となっている。そして報告者は、フランス管理会計研究の第一人者であるアンリ・ブッカンが、マネジメント・コントロールの前提としてビジネス・モデルを構築したという事実を強調し、当該事実が、企業経営を経済的にモデル化することや、企業内外の協同を維持する能力を高めるために必要とされていることを指摘している。

 

■■ 研究報告会終了後、開催校のご好意により、学内のカフェにて懇親会が行われた。来年度の九州部会は、熊本学園大学と福岡大学にて開催予定である。

 

日本管理会計学会九州部会第57回大会のご案内

2019年10月吉日

日本管理会計学会会員各位

日本管理会計学会九州部会第57回大会のご案内

拝啓 初秋の候,会員の皆様におかれましては,ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて,下記の要領にて,日本管理会計学会九州部会第57回大会を,九州大学伊都キャンパス(福岡市,大会準備委員長:大下丈平氏,oshita_at_econ.kyushu-u.ac.jp[”_at_”を全角の@に変更してください])にて開催いたします。万障お繰り合わせのうえ,ご出席賜りますようご案内申し上げます。
研究報告会および懇親会への参加をご希望の方は,準備の都合上,10月31日(木)までに,九州部会事務局宛に,E-mail(maruta_at_econ.kyushu-u.ac.jp[”_at_”を全角の@に変更してください])もしくはFAX(092-802-5454)にて,ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

敬具

1.日時:2019年11月9日(土) 14時から19時まで
2.場所:九州大学伊都キャンパス イースト2号館 2階 E-E-211(福岡市西区元岡744)
アクセスとキャンパス案内については下記のホームページでご確認ください。
http://www.econ.kyushu-u.ac.jp/other/access/
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/ito/

※九州大学伊都キャンパスへのアクセスの詳細は、次のページの案内も参考にされてください

3.研究報告会:14:00~16:45(参加費 無料)
(報告30分,質疑15分を予定しています)

第1報告:14:00~14:45
田尻敬昌氏(九州国際大学准教授)
「就労継続支援B型事業所における取り組み」

第2報告:15:00~15:45
 足立俊輔氏(下関市立大学准教授)
「タスク・シフティングに病院原価計算が果たす役割」

第3報告:16:00~16:45
 大下丈平氏(九州大学教授)
「現代フランスコントロール論の系譜」

4.懇親会:17:30~19:00(会費3,000円を予定、会場は当日ご案内いたします)


   【日本管理会計学会九州部会事務局連絡先】  
    〒819-0395 福岡市西区元岡744 イーストゾーン
    九州大学経済学部 丸田起大研究室内
    TEL/FAX:092-802-5454
    E-mail:maruta_at_econ.kyushu-u.ac.jp
    [”_at_”を全角の@に変更してください]


九州大学伊都キャンパスへのアクセス案内(地図参照)

① 博多駅・天神から高速バスで来る方法(地図 赤線ルート)
・博多駅では、博多口正面「博多駅A」バス停から「九大総合グラウンド行 K番」に乗ってください(交通系ICカード利用可)。
・天神からは、「渡辺通一丁目電気ビル共創館前」「天神ソラリアステージ前」「天神北(フタタ前)」から、同便に乗れます。
・バスの時刻検索は「西鉄バス」のサイトでできます(https://jik.nishitetsu.jp/)。
・1時間近くかかります…が、乗り換え不要です。
・降車バス停は「九大ビックオレンジ前」です。
・降りたら、左方向に坂をくだり、交差点を渡って、そのままゆるい坂を進むと、左手に中央図書館(85)のエスカレータが見えるので、それを乗り継いで最上階まで進んでください。
・登りきるとイースト1号館(80)という建物の入り口が見えますので、中に入っていただき、右手に進んでいくと、2号館(81)につながっています。

② 地下鉄+JR+路線バスで来る方法(地図 青線ルート)
・地下鉄空港線各駅から乗り換えなしでJR「九大学研都市」駅まで来ることができます(直通は西唐津行や筑前前原行)。
・直通は数本に1本走っています(https://subway.city.fukuoka.lg.jp/topics/page.php?id=762)。
・九大学研都市駅からは、路線バスに乗っていただきます(交通系ICカード利用可)。
・改札を出て右の出口から左手奥を見ると、地面が色分けされた屋根付きのバス停があります。
・赤ラインの「イーストゾーン(文系)行」に並んでください(所要時間20分)。
・「九大イーストゾーン」バス停で降りたら、左手に坂を上ると、右にキャンパスがあり、左手の建物が2号館です。

③ マイカーでお越しの方(地図 黄線ルート)
・学園通りを進み、交差点「九州大学」でイーストゾーン方向へ右折し、入構ゲートの手前左手から入って守衛所前に駐車し、入構証発行の手続きをしてください(駐車料金300円)。
・入構後、坂を進むと、左手のイーストゾーンの建物前に少し、および右手の丘の上に広大な駐車場があります。

④最寄り駅からタクシーで来る方法
・JR九大学研都市駅から15分 1,500円程度です。
・「九大イーストゾーン」までと伝えてください。

⑤徒歩は最寄り駅「JR九大学研都市」駅から1時間以上かかりますのでお勧めしません…。


本案内のPDF ⇒ http://sitejama.jp/wp-content/uploads/2019/10/20191109.pdf

日本管理会計学会第57回九州部会 報告者募集のお知らせ

2019年8月吉日

謹啓 

時下、会員の皆様には益々ご健勝のことと存じます。
2019年11月9日(土)に、九州大学伊都キャンパス(福岡市)にて、日本管理会計学会第57回九州部会を開催することになりました。
つきましては、報告者を募集いたしますので、2019年9月30日(月)までに、下記の要領で、九州部会事務局宛に、e-mailもしくはFAXにてお申し込みください。
なお、お申し込み多数の場合は、先着順などにより事務局で調整させていただきます。

(1)氏名、所属、職名
(2)連絡先電話番号、メールアドレス
(3)報告タイトル
(4)報告要旨(300字程度)

謹白

日本管理会計学会九州部会事務局:
※キャンパス移転により連絡先が変更になりました
〒819-0395 福岡市西区元岡744 イーストゾーン 
九州大学経済学研究院 丸田起大研究室内
TEL/FAX: 092-802-5454
e-mail: maruta[at]econ.kyushu-u.ac.jp
([at]を半角の@に変更してください。)

2019年度第1回(第56回)九州部会開催記

令和元年5月26日 足立俊輔 (下関市立大学)

  ■■ 日本管理会計学会2019年度第1回(第56回)九州部会が、2019年5 月25 日(土)に九州産業大学(福岡市東区)にて開催された(準備委員長:浅川哲郎氏)。今回の九州部会では、関東・関西・中国・九州からご参加をいただき、18名の研究者、実務家、および院生の参加を得て、いずれの報告においても活発な質疑応答が展開された。

■■ 第1 報告は、水野真実氏(医療法人社団寿量会 熊本機能病院)により、「患者別手術室人件費管理のためのABCモデルとTDABCモデルの開発と比較」と題する報告が行われた。本報告は、Kaplan & Andersonが提唱するTDABC(時間主導型活動基準原価計算)の手法を用いて、整形外科医師・麻酔科医師・看護師の手術室人件費を「麻酔時間」で配賦する方法を開発・検証することを目的としたものである(対象病院:A病院(410床)、対象疾患:人工膝関節置換術を実施した患者40名、集計期間:2017年4月〜6月)。
報告者によれば、電子カルテのEFファイルに記載している「麻酔時間(全身麻酔)」を手術室人件費の配賦に用いることで、報告者が本研究以前に開発した診療行為回数を用いて配賦計算を行うABCモデルに比べて、資源消費の実態をより反映した配賦計算が可能となる。当該配賦計算結果は、対象病院の医師に提示しており、そのコメントも紹介された。

■■ 第2報告は、水島多美也氏(中村学園大学)より、「スループット会計における時間に関する一考察」と題する報告が行われた。本報告は、制約理論やスループット会計に関する時間を検証するために、(1)スループット会計においてはどのような時間が使われているのか、(2)TBC(Time Based Costing)にみる時間単位あたりという概念の意味、(3)スループット会計における「Rate」の意味、以上の3点を考察の目的としている。
報告者によれば、制約工程における時間当たりのスループットという指標は、時間やその短縮の問題を考える上において重要な指標であり、これらは製品のプロダクトミックスの決定にも利用されている。報告者は、Corbett [1998]やPreiss and Ray[2000]の理論を用いて、制約理論やスループット会計に関する時間概念に考察を加えている。報告者は、これら先行研究を検証した結果、スループット会計では、制約工程での時間が重要となり、TBCの計算モデルにおいても「時間」概念がプロダクトミックスに有用な情報として用いられていることを言及している。

■■ 第3報告は、西村明氏(九州大学名誉教授・別府大学客員教授)より、「スラックと会計統制モデル―日本製造企業の実態を踏まえて―」と題する報告が行われた。本報告は、報告者の著書『Management, Uncertainty, and Accounting: Case Studies, Theoretical Models, and Useful Strategies』(Macmillan, 2018)のうち、議論の余地が残されていると捉えている「スラック概念」を検討することを目的としたものである。
報告者は、当該スラック概念を考察するにあたって、日本製造企業5社の財務データを用いて、報告者が著書で提案しているCOLCモデル(Comprehensive Opportunity and Lost opportunity Control Model:包括的機会・逸失機会統制モデル)と企業の戦略計画との関連性を分析している。報告では、COLCモデルにおける「機会・リスクを巡るスラックの位置づけ」が示されており、「資金の調達及び運用面」の裏付けを前提とした企業スラックが、持続的成長(長期計画)を行う「探索投資」と、市場競争力(短期的計画)を高める「活用投資」をバランスさせる役割を果たしていることが指摘されている。

■■ 研究報告会終了後、九州部会の総会が行われた。総会では前年度の会計報告、今後の部会運営、今年度の九州部会開催の議題が出され、双方とも承認を得た。
第57回大会は九州大学伊都キャンパスにて11月に開催予定である。

日本管理会計学会九州部会第56回大会のご案内

2019年4月吉日

日本管理会計学会会員各位

日本管理会計学会九州部会第56回大会のご案内

拝啓 新緑の候,会員の皆様におかれましては,ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて,下記の要領にて,日本管理会計学会九州部会第56回大会を,九州産業大学(福岡市,大会準備委員長:浅川哲郎​氏,asakawa[at]ip.kyusan-u.ac.jp ([at]を半角の@に変換してください))にて開催いたします。万障お繰り合わせのうえ,ご出席賜りますようご案内申し上げます。なお参加費は徴収いたしません。また懇親会は開催校の都合により予定されておりません。

参加をご希望の方は,準備の都合上,5月12日(日)までに,九州部会事務局宛に,E-mail(maruta[at]econ.kyushu-u.ac.jp
([at]を半角の@に変換してください) )もしくはFAX(092-802-5454)にて,研究報告会への出欠を,ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

敬具

1.日時:2019年5月25日(土) 14時から17時まで

2.場所:九州産業大学 1号館10階 中会議室(福岡市東区松香台2-3-1)

アクセスとキャンパス内については下記のホームページでご確認ください。

https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/access.html

https://www.kyusan-u.ac.jp/guide/summary/campus.html

3.研究報告会:14:00~16:45

(報告30分,質疑15分を予定しています)

第1報告:14:00~14:45

水野真実氏(医療法人社団寿量会 熊本機能病院)

「患者別手術室人件費管理のためのABCモデルとTDABCモデルの開発と比較」

第2報告:15:00~15:45

 水島多美也氏(中村学園大学)

「スループット会計における時間に関する一考察」

第3報告:16:00~16:45

 西村明氏(九州大学名誉教授・別府大学客員教授)

「スラックと会計統制モデル―日本製造企業の実態を踏まえて―」

4.会員総会:16:50~17:00

【日本管理会計学会九州部会事務局連絡先】  

(キャンパス移転により連絡先を変更しました)

〒819-0395 福岡市西区元岡744 イーストゾーン

                                 九州大学経済学部 丸田起大研究室内

                             TEL/FAX:092-802-5454

E-mail: maruta[at]econ.kyushu-u.ac.jp

([at]を半角の@に変換してください)