「学会事務局」カテゴリーアーカイブ

2020年度スタディ・グループの公募について

 日本管理会計学会スタディ・グループ規程に基づき,今年度のスタディ・グループを募集します。

・締切= 2020年5月28日(木)
・応募方法 = 学会事務局宛メールにて          
  (jama-info_at_sitejama.jp)[“_at_”を”@”に変更してください]

 申請書の様式としては,以下の内容を記載して下さい。

  JAMAスタディ・グループ申請書
   研究代表者の所属・氏名
   連絡先 (住所,電話番号,E-mail)
 Ⅰ 研究課題
 Ⅱ 研究目的(意義・概要・構想)
 Ⅲ 研究計画(方法・実施状況・期待される成果など)
 Ⅳ 本研究に関する国内外の研究の現状と本研究計画の特徴
 Ⅴ 各共同研究者の所属と氏名,役割分担
 Ⅵ 研究代表者および共同研究者の過去5年間の主な研究業績

2020年度学会賞(論文賞、文献賞、奨励賞)候補者募集のお知らせ

2020年4月1日

会員各位

日本管理会計学会学会賞(論文賞、文献賞、奨励賞)審査委員会
委員長 挽 文子

拝啓 会員の皆様には、ますますご健勝のことと存じます。
さて、下記に示した2020年度学会賞の候補者を「日本管理会計学会学会賞規程」に基づいて、以下の要領で募集いたします。会員の皆様には、学会賞にふさわしい 候補者を積極的にご推薦していただくようお願いいたします。

敬 具

1.募集する学会賞 論文賞、文献賞および奨励賞(各賞とも若干名)
2.審査対象業績 2019年4月1日から2020年3月31日までに公刊されたもの。
3.応募書類業績等 候補者の略歴、審査対象業績、業績リストおよび推薦理由書
※応募関係書類、図書は返却いたしません。審査終了後、適切に保管、廃棄致します。
4.推薦方法    会員の自薦及び他薦による。
5.推薦締切日    2020年5月26日まで(当日必着)
6.学会賞授与式  2020年8月28日(年次全国大会の会員総会)
7.業績等の送付先  〒186-8601 東京都国立市中2-1
一橋大学 商学部 挽 文子 宛て
Eメール:f.hiki(at)r.hit-u.ac.jp  ((at)→@)

なお、学会賞の種類、その他の詳細な内容に関しては、学会ホームページに掲載されている「日本管理会計学会学会賞規程」をご参照ください。

以 上

PDFバージョン(http://sitejama.jp/wp-content/uploads/2020/03/20200401.pdf

2020年度第1回管理会計フォーラム中止について

2020年3月28日

日本管理会計学会
会員各位

日本管理会計学会 
次期会長 伊藤和憲

 

2020年度第1回管理会計フォーラム中止について

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、4月18日に横浜国立大学で開催を予定しておりました管理会計フォーラムについて,突然ですが中止させていただきます。新型コロナウィルスの感染が収束に向かうと思っていましたが,逆に拡大しつつあります。そのため,予定していた横浜国立大学の教室の使用許可が下りなくなりました。代わりの会場を探したり,日程の変更なども検討いたしましたが,すぐに対応することができなくなりました。
 報告者の先生方には,すでに報告のご準備をしていただきましたのに,中止となってしまい申し訳ありませんでした。また,管理会計フォーラムに参加の意思表明をしていただいた先生方にも,突然の中止となり,誠に申し訳ありませんでした。どうぞご理解をお願い申し上げます。

敬具

 

PDFファイル(http://sitejama.jp/wp-content/uploads/2020/03/20200328.pdf)

日本管理会計学会2020年次全国大会開催のご案内

会員各位


 日本管理会計学会会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 このたび、2020年度の年次全国大会が、8月27日(木)~8月29日(土)の日程で名古屋商科大学大学院名古屋校に於いて開催されることになりました。
 開催場所の名古屋商科大学大学院名古屋校は2015年に開校された、社会人を対象とする修士課程のビジネススクールです。ビジネススクールの主要な国際認証(AACSBとAMBA)の2つが授けられており、日本語による学科目のみならず、ダブルディグリーの取得を目指す海外からの多数の大学院生を対象とする英語の学科目も開講されております。今大会の自由論題とスタディーグループの報告は、ケースメソッドによるアクティブラーニングが実践されている教室で行われます。
 今大会の準備(実行)委員会は、学会の伝統を継承して、研究者と大学院生による学術研究ならびに実務家による実践研究の双方の報告がなされ、相互の交流が深まる環境となるよう努める所存です。
 統一論題のテーマは,「エビデンス・ベースト(Evidence based)」な管理会計研究を目指して(仮)」を予定しております。さらに、海外から報告者を募り、英語によるセッションを設定する予定です。また、特別講演として、Journal of Management Accounting ResearchのEditorであるJason Schloetzer教授をお招きして、evidenceを高めるためのリサーチデザインに関するご自身の研究についてご講演いただくことを企画しております。
 大会のスケジュールは以下の予定です。

8月27日(木) 常務理事会、理事会
   28日(金) 自由論題報告、総会、特別講演、スタディーグループ報告、統一論題報告、
懇親会
   29日(土) 自由論題報告、統一論題討議、自由論題報告


 自由論題報告に応募されるかたは、5月31日までにお申し込みを、8月8日までに報告論文(フルペーパー)のご提出を、それぞれE-mailでjama2020nucb[at]gmail.com([at]を半角の@に変更してください。)へいただきますようお願いいたします。もちろん、英語による報告もお受けいたします。なお、詳細については改めて3月上旬に会員各位にご案内し、詳細の大会プログラムは6月下旬にご郵送する予定です。
多くの方々にご参加いただけますよう、準備委員会一同は万全の準備を進める所存です。
 何卒よろしくお願い申し上げます
             2020年2月12日
             日本管理会計学会2020年度年次全国大会
               準備(実行)委員会
               辻 正雄(名古屋商科大学大学院)

 

ーーーーーー

PDFファイルはhttp://sitejama.jp/wp-content/uploads/2020/02/20200212.pdfよりダウンロードしてください。