日本管理会計学会 2018年度 第3回フォーラムおよび第2回関西・中部部会

■日時:11月17日(土) 13:30~

■場所:大阪学院大学 2号館 地下一階 02-B1-02教室

 

交通アクセス: http://www.osaka-gu.ac.jp/guide/campus/access.html

キャンパスマップ: http://www.osaka-gu.ac.jp/guide/campus/index.html

 

■参加費:1,000円(大学院生は無料)、懇親会参加費:3,000円

 

■プログラム

  • 13:30~13:40 開会の挨拶、講演者紹介
  • 13:40~14:40 特別講演

石田秀樹氏(元 京セラ(株)常務取締役・経営管理本部長)

「アメーバ経営の原点と制約理論の展開 - あたらしい経営会計の展望」

企業内実務経験からアメーバ経営の原点にさかのぼり、制約理論のキィ概念の展開との交差から、あたらしい経営会計を展望する。

 

  • 14:50~17:00 自由論題報告

司会:中川優氏(同志社大学・日本管理会計学会副会長)

第1報告:卜志強氏(大阪市立大学) 「中国企業におけるアメーバ経営の導入と展開」

第2報告:古田隆紀氏(大阪学院大学) 「京セラフィロソフィの役割に関する研究」

司会:杉山善浩氏(甲南大学・日本管理会計学会関西・中部部会長)

第3報告:中野延市氏「((株)ナカノモードエンタープライズ NME グループ代表 CEO) 「原価企画思考の適用領域拡大―おせち『板前魂』における原価企画」

第4報告:佐藤正隆氏(慶應義塾大学大学院生) 「ERPのシステム連携とその影響について-今後の改訂に対する意思決定の考察-」

 

  • 17:20~18:50 懇親会

 

■お問い合わせ先:第3回フォーラム、第2回関西中部部会 準備委員会

  後藤晃範 akinori[at]ogu.ac.jp  ([at]を半角の@に変更して下さい)

なお、研究報告会、懇親会の出席につきまして、11月12日(月)までに、メールにて後藤までご連絡頂ければ幸甚に存じます。

 

                                                準備委員長:山本 浩二

                                                      古田 隆紀

                                                      坂根 博

                                                      後藤 晃範

『管理会計学』がJ-STAGEで閲覧可能となりました

日本管理会計学会 会員各位

 

日本管理会計学会誌『管理会計学』の最新号が10月1日から

J-STAGEで閲覧可能となりましたので,お知らせいたします。

皆さまの研究・教育にご活用頂けましたら幸いです。

 

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jma/list/-char/ja

 

※最新号の閲覧に必要なIDとパスワードは,事務局から

「会費納入のお願い」とともに同封し,郵送いたしますので,

近日中にお手元に届く手筈となっております。

 

また,バックナンバーにつきましては,今後公開予定です。

準備が整い次第,追ってお知らせいたします。

 

なお,J-STAGEに関してご不明な点がございましたら,

学会事務局までお問い合わせください。

第2回リサーチセミナーの開催記

2018年10月6日(土)
井上 秀一
 

 2018年度第2回リサーチセミナーは,2018年10月6日(土)13:30—17:00に明治大学(駿河台キャンパスアカデミーコモン8F)308F教室において,日本原価計算研究学会との共催で開催されました。当日の参加者は30名程度であり,日本原価計算研究学会前会長の尾畑裕氏(一橋大学)より開会の挨拶が,日本管理会計学会副会長の澤邉紀生氏(京都大学)より閉会の挨拶がありました。片岡洋人氏(明治大学)の司会によりリサーチセミナーが進められ,飯塚隼光氏(一橋大学大学院生),蒙雪超氏(創価大学)の研究報告に対して,フロアから有益なコメント,質問が多くあり,活発な議論が行われました。

 

第1報告 飯塚隼光氏(一橋大学大学院経営管理研究科博士後期課程)
報告論題「品質とコストに対する原価情報の役割と課題」
 

 第1報告の飯塚氏は,品質とコストを管理する際に原価情報がどのような役割を果たしているのかという問題意識から先行研究のレビューを行っています。飯塚氏は,レビューの結果,Anderson and Sedatole(1998)では指摘されていない原価情報の役割として,品質コストの側面から(1)品質管理活動の効果の明示,(2)システムデザインに対する失敗コストのフィードバック,原価企画の側面から(1)システムデザインにおける品質と原価の作りこみ,(2)設計エンジニアに対してプレッシャーを与えることを指摘しました。

 

ディスカッサント:安酸建二氏(近畿大学)

 飯塚氏の報告に対し,ディスカッサントの安酸氏は,品質と原価という古くからあるが十分に解明されていないテーマ設定が行われている点は評価できるが,今後の研究戦略として,単純明快な研究課題を設定し,原価情報の役割に関する理論的な検討を行った上で,単なる物語である「物語管理会計」で終わらないための仮説と実証が必要である旨コメントしました。

 

第2報告 蒙雪超氏(創価大学)
報告論題「中国中小電力企業へのMFCA適用可能性に関する一考察」
 

 第2報告の蒙氏は,中国のある中小電力企業S社(火力発電所)を対象としたMFCAの適用可能性について考察を行っています。蒙氏は中小企業におけるMFCAの導入ステップと,電力業におけるMFCAの適用可能性に関する先行研究をレビューした後,中小電力企業S社の製造プロセスとMFCAの適用可能性について報告しました。

 

ディスカッサント:木村麻子氏(関西大学)

 蒙氏の報告に対し,ディスカッサントの木村氏は,本研究は中国電力企業への貴重なMFCA導入事例であり,先行研究では蓄積の多くないエネルギーバランスに着目しているという点で日本と中国それぞれの実務・学術的な貢献可能性があることを指摘しました。
 一方で,本研究を学術論文としてより洗練させるために,以下の6点に関するより詳細な議論が必要である旨コメントしました。
(1)本研究の問題意識やモチベーション
(2)先行研究の整理によるリサーチギャップ
(3)モチベーションやリサーチギャップを踏まえたリサーチクエスチョン
(4)リサーチクエスチョンを明らかにするための方法
(5)データの収集
(6)会計学としての貢献
 

2018年度第2回リサーチセミナー(日本原価計算研究学会共催)のご案内

 日本原価計算研究学会と日本管理会計学会の共催でリサーチセミナー
を下記のとおり開催することになりましたのでご案内申し上げます。研究
報告の内容や研究方法に興味をお持ちの方は、是非ご参集下さい。なお、
事前の申し込みは必要ありません。

1.日時:2018年10月6日(土)13時30分開始
2.会場:明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン8階308F教室
 周辺駅からのアクセスマップ
  http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html
 キャンパスマップ
 http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
3.参加費:無料
4.プログラム
 13時30分 開会
 13時35分~15時05分 第1報告
  報告者 飯塚隼光氏(一橋大学大学院生)
  報告論題 製品品質に対する原価情報の役割と課題
  討論者 安酸建二氏(近畿大学)
 15時05分~15時25分 休憩
 15時25分~16時55分 第2報告
  報告者 蒙雪超氏(創価大学)
  報告論題 中国中小電力企業へのMFCA適用可能性に関する一考察
  討論者 木村麻子氏(関西大学)
17時 閉会

年会費振込に関するお詫びと緊急のお願い

日本管理会計学会会員 各位

学会事務局からのお詫びと緊急のお願いです。
先日、会員の皆様にお送りしました年会費請求において誤りがありました。すでに、お振込手続きを頂いた先生方には、多大なるご迷惑をお掛けし誠に申し訳ありませんでした。
また、会員の皆さまには、お送りした「払込取扱票」による払い込みを差し控えていただきたく、宜しくお願いいたします。お送りしましたものは旧口座であり、すでに閉鎖されております。
現口座は、00130-1-635255の口座になります。
つきましては、改めて「会費納入のお願い」と「払込取扱票」をお送りいたしますので、それにもとづき、会費納入頂きたくよろしくお願いいたします。
また、準会員の皆様には、すでにご連絡いたしましたように2018年度の年会費記載に誤りがあり、混乱によりご迷惑をお掛けしました。ほんとうに申し訳ありませんでした。
この度は、会員の皆様に種々ご迷惑をお掛けしましたこと、深くお詫び申し上げます。以後このような不備が生じないよう心掛けてまいります。
今後とも、学会に対するご協力の程、よろしくお願いいたします。

総務担当 井岡大度

The Japanese Association of Management Accounting