全国大会の開催と会長挨拶

日本管理会計学会
   会員 各位

全国大会の開催と会長挨拶

 新型コロナウイルスがまだ終息していない状況ですが,会員の皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。
 今年の名古屋商科大学での全国大会の開催について,執行部で開催を検討しました結果,予定通り8月27日から29日に開催することになりましたので,ご報告いたします。
 すでに第1回常務理事会と第1回理事会を持回り会議で決議しました。新組織については,学会HPで公表しておりますのでご確認ください。
 また,6月1日より,会員管理業務を㈱国際文献社に委託することになりました。同時に,事務局も㈱国際文献社にお願いすることになりました。㈱国際文献社より,会費徴収の案内がもうすぐ届くと思いますので,振込をよろしくお願いします。
 新組織体制になったので,この機会に会長としての3年間で実現したい目標を3つ申し上げます。
 第1の目標は,学会にとって最も重要な業務の一つであります学会誌の掲載論文の増加です。会員の皆様には,論文の投稿を期待しております。また,査読の先生には,学会としての質の担保をお願いいたします。
 第2の目標は,学会創立後30年近く経ち,学会活動がマンネリ化してきた感があり,ここで活性化を図ります。この点については2つの方策の強化を行いたいと思います。企業研究・工場見学により,実務家と研究者のコラボレーションを積極的に進めていきたいと思います。また,リサーチセミナーとフォーラムによって,若手研究者の育成を思案していきたいと考えております。
 第3の目標は,学会創設30周年記念事業の開催を実現することです。創設記念事業では,多数の会員にご協力をお願いしたいと思います。

令和2年6月1日
日本管理会計学会
会長 伊藤和憲

『管理会計学』第128巻がJ-STAGEで閲覧可能になりました

日本管理会計学会 会員各位

日本管理会計学会誌『管理会計学』の最新号がJ-STAGEで閲覧可能となりましたので,お知らせいたします。
皆さまの研究・教育にご活用頂けましたら幸いです。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jma/list/-char/ja

※最新号の閲覧に必要なIDとパスワードは,事務局から「会費納入のお願い」とともに同封し,郵送いたしますので,
近日中にお手元に届く手筈となっております。なお,刊行後1年を経過したバックナンバーはアクセスフリーです。

J-STAGEに関してご不明な点がございましたら,学会事務局までお問い合わせください。

2020年度第1回日本管理会計学会九州部会延期のお知らせ

                      2020年4月8日


日本管理会計学会会員各位


2020年度第1回日本管理会計学会九州部会延期のお知らせ

5月23日(土)に熊本学園大学にて開催を予定しておりました2020年度第1回日本管理会計学会九州部会につきましては、今般の新型コロナウィルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、秋以降に延期することといたしました。
開催校や開催時期については、今後の状況に応じて決定し、会員の皆様にお知らせいたします。
ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
                              

敬具

                        九州部会事務局
                           丸田起大

2020年度第1回日本管理会計学会関西・中部部会延期のお知らせ

2020年4月6日

日本管理会計学会会員各位

2020年度第1回日本管理会計学会関西・中部部会延期のお知らせ

 5月30日(土)に関西大学・千里山キャンパスにて開催を予定しておりました2020年度第1回日本管理会計学会関西・中部部会(自由論題報告・役員会)につきましては、今般の新型コロナウィルス感染症の感染拡大の状況を鑑み、秋以降に延期することといたしました。開催の時期については、今後の状況に応じて決定し、会員の皆様にお知らせいたします。
 ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

敬具

関西・中部部会会長
皆川芳輝

2020年度スタディ・グループの公募について

 日本管理会計学会スタディ・グループ規程に基づき,今年度のスタディ・グループを募集します。

・締切= 2020年5月28日(木)
・応募方法 = 学会事務局宛メールにて          
  (jama-info_at_sitejama.jp)[“_at_”を”@”に変更してください]

 申請書の様式としては,以下の内容を記載して下さい。

  JAMAスタディ・グループ申請書
   研究代表者の所属・氏名
   連絡先 (住所,電話番号,E-mail)
 Ⅰ 研究課題
 Ⅱ 研究目的(意義・概要・構想)
 Ⅲ 研究計画(方法・実施状況・期待される成果など)
 Ⅳ 本研究に関する国内外の研究の現状と本研究計画の特徴
 Ⅴ 各共同研究者の所属と氏名,役割分担
 Ⅵ 研究代表者および共同研究者の過去5年間の主な研究業績

The Japanese Association of Management Accounting